フィンペシアは正式なジェネリックではない

一般的には、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品であるとして販売が行われていますが、正式なジェネリック医薬品というわけではありません。
ジェネリック医薬品というものは、先発品である新薬の特許が終了した後に、他の会社が効果や成分を同様なものとして製造を行う医薬品のことを言います。
ジェネリック医薬品の場合には、新薬を製造するときとは違って開発費が少なく抑えられることになりますので、一般的に価格の面では先発品と比較して半額程度のものが多いです。
ですが、プロペシアの特許の権利が終了する期限は2019年となっていますので、プロペシアの特許権は現在においても有効なものとなります。
プロペシアの特許権はいまだに終了しているわけではありませんので、正式なジェネリック医薬品という概念に当てはまらない商品と言えます。
フィンペシアの製造を行っているのはインドの製薬会社ですが、インドでは他国で認められている医薬品の特許に関して、法律上認められないという事情があるために、インドにおいてプロペシアの主成分であるフィナステリドを使用したAGA治療薬を開発しても、法律違反にはなりません。
ただし、フィンペシアはプロペシアと同様の成分を配合して製造されている医薬品となりますので、実質的な意味合いとしてプロペシアのジェネリック医薬品という言い方ができるわけです。
フィンペシアは割安な医薬品となりますので、通販で購入すればプロペシアの7分の1ほどの価格で買うことが可能です。
フィンペシアは割安な医薬品となりますので、プロペシアの7分の1ほどの価格で購入することが可能です。
フィンペシアは日本では未承認の薬ですので、手に入れる方法は通販を利用して購入する方法になります。
通販で医薬品を手に入れるときには、コピー品の危険性もありますので信頼性の高い業者を選択することが、安全に利用するコツと言えます。